整形外科の診療範囲について

by:

バストアップ美容

整形外科の対象範囲は、全身すべての関節、筋肉、皮下組織、脊椎、脊髄、末梢神経等の運動器で、非常に広範囲です。対象が非常に広範囲であることから、それぞれの分野ごとに専門医がいます。治療は、運動器官の病気や外傷を治すだけでなく、運動機能を基に回復させることを目的とします。完全に回復しないまでも、元の状態にできるだけ近づけることも大きな役割ですので、リハビリテーション医療との連携が必要となることもあります。

また、運動機能の障害のみならず、痛みを主とする疾患である神経痛やリウマチの治療も整形外科の範囲です。なお、整形外科は脳外科や心臓外科、消化器外科と比較しますと、命にかかわる病気は少ないことになりますが、内科に次いで患者数は多く、特に中年以降高齢者の患者数が多いのが特徴です。治療方法としては手術によるものと手術をしない保存治療も行われます。保存治療とは、手術などの外科的処置ではなく、装具を装着したり、運動やマッサージ等により改善を図るものです。

整形外科は、接骨院、整骨院、ほねつぎ等などと混同されがちですが、これらは柔道整復師が行う施術で、医師が行う診療とは異なります。また、顔や体を外科的な手術により形を変える形成外科や美容外科と混同されることがありますが、これらとは全く別の分野ということになります。具体的にどのようなケースで整形外科の治療が必要になるかと言いますと、骨が折れたとき、腱や靭帯を伸ばしたり、切れたとき、関節が痛いとき、腰痛、肩痛、手足が痺れるようなときです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です