豊胸手術は脂肪注入法やバッグ挿入法など色々な方法がありますが、最近ではプチ豊胸と呼ばれる手術も登場しています。その名の通り僅かなバストアップのために行う方法となりますが、低価格でできる点がメリットになります。脂肪注入法は脂肪吸引と脂肪注入を行うために、料金が割高となり30万円以上からの施術料金となることが多いと言えます。プチ豊胸は取り扱うクリニックが少ないですが、数万円程度から行える手軽さが魅力となります。

手軽にできるバストアップですから、効果に関しても大きな期待はできない性質があります。バスト全体を大きくすることも可能ですが、谷間を強調するためにバストの内側に注入することも可能です。痩せた胸元のみに注入したりバストの外側にボリュームを持たせたりと、部分的に形を整えたり大きく見せるための施術となるのが特徴です。プチ豊胸は血液から取り出した血小板をジェル状にして注入しますので、脂肪注入法と同様に安全性の高い方法となります。

注入法にはヒアルロン酸や自分の脂肪を使う方法もありますが、ヒアルロン酸では吸収されずにしこりになってしまう場合があります。一方で脂肪や血小板の場合には完全に吸収されてしまいますし、自分の体から取り出したものですから安全性に関するメリットが高いと言えます。メリットが多いプチ豊胸ですが、持続期間が短いのがデメリットになります。簡単にできるメリットは持続期間が短いデメリットにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です