豊胸手術には希望するサイズや安全性によっていくつかの選択がありますが、大きなサイズを希望す場合にはバッグ挿入法が適しています。安全性を重視すれば脂肪注入法が最適ですが、注入した脂肪は体の中に吸収されてしまうため、大きなサイズを望むのは困難となります。また年数の経過に伴い吸収量も増えていくため、いずれは元の大きさに戻ってしまうデメリットがあります。バッグ挿入法は生理食塩水やシリコンの入ったバッグを胸の中に入れますので、大きなバストを簡単に作れる豊胸手術となります。

バッグの入れ方によって大胸筋下法や乳腺下法、大胸筋膜下法がありますが、施術後1カ月程度は強い痛みやはれが続くことがあります。ダウンタイムは長くなりますがバストアップには最も効果の高い方法となりますので、もちろん費用も割高になります。バッグ挿入法は持続性が高いと言われますが、10年程度と説明を受けるのが一般的です。衝撃などでバッグが破れない限りは形を保つことができますが、一般には10年程度で入れ替えるのが基本です。

加齢によりバストが垂れるなど形状が変わりますので、入れたままの状態では違和感が出てきます。年齢やバストの垂れに合わせて最適なバッグを入れる必要がありますので、永久に持続させる事には無理があると言えます。また年数に関わらず強い力が加わるとバッグが破裂したり破れることもありますので、大きなバストが手に入るバッグ挿入法による豊胸手術にも注意点があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です