近年の医療機関での豊胸は、従来のシリコンバッグ挿入だけでなく、ニーズに合わせて様々な術式が選べるようになっています。成分を注入するだけで、日帰りでバストサイズのアップができる、プチ豊胸と呼ばれる施術が特に高い人気を集めていますが、いかに胸が理想のものとなっても、全体のバランスが悪ければその魅力を生かすことはできません。余分な脂肪が気になる部位があれば、胸が大きくなっても好きなようにおしゃれや水着を楽しめないものですが、そこで注目したいのが、脂肪注入による豊胸です。脂肪注入法は、自分の脂肪を抽出して胸に注入する施術なので、余分な脂肪が気になる部位から抽出することで、ダイエットとバストアップが同時にできるというのが大きなメリットです。

シリコンバッグ挿入よりも傷跡のリスクが少なく、ヒアルロン酸注入よりも効果の持続に優れた点も特徴ですが、その反面、従来の脂肪注入法は、生着率の低さが問題点として挙げられていました。従来の脂肪注入法では、2割から3割程度の生着しか得られないケースも多く、注入した脂肪に対して、期待する程のバストアップが実現できないことが多かったものですが、近年ではこの問題を解消した脂肪注入法も登場しています。最新の脂肪注入法では、抽出した脂肪を遠心分離し、不純物を取り除くことで、生着率を高めることを実現しています。しこりができるリスクが低いというメリットもあるので、豊胸と共にトータルの身体作りをしたい場合には注目してみましょう。

豊胸手術のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です