エラが張った顔は、力強い印象を与えます。まや顔が大きく見られがちなので、美容整形でエラ張り顔を改善する女性が多いです。エラを改善する美容整形は2種類あります。まずエラ削りです。

エラの骨を削ることで理想のフェイスラインに近づけます。手術では奥歯の歯茎を切開して、出っ張ったエラの骨を削ぎます。また一緒に余分な筋肉も取り除きます。口の中から手術を行うので、傷跡が目立ちません。

手術にかかる時間かおよそ2時間で、全身麻酔のため痛みは感じません。効果は半永久的に続きます。特に真横から見たときのフェイスラインが美しくなり、優しい印象を与えます。手術を終えたら、3日間は入院が必要です。

また術後2~4週間は強い腫れが残ります。次に、筋肉が発達しすぎて、エラが張っている人は、ボツリヌストキシンを注射する美容整形が適しています。ボツリヌストキシンはタンパク質の一種で、筋肉の収縮を弱くする働きを持ちます。物を噛む時に使う咬筋という筋肉に注入することで、肥大した筋肉を萎縮させて、顔を小さくします。

1回の注射では半年~1年で効果がなくなりますが、続けて投与することで効果が持続します。半年ごとに5回ほど注射すると、半永久的に小顔になれるとされます。エラ削りより正面から見たときに顔の横幅が狭くなっています。この方法は、アレルギーの心配がなく、費用も比較的安いので気軽に受けることができます。

女性の場合は、投与してから2ヶ月間は妊娠しないことが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です