まぶたに脂肪が多いから二重にできないとかアイプチをしてかぶれているから手術はできないなど最初から美容整形をあきらめている人も少なくありません。一度二重の美容整形を試みた人でも仕上がりは不満でキレイにしてもらいたいという人もいます。二重まぶたの美容整形だけでみてもさまざまな不安を抱えている人も多いですがクリニックをきちんと選ぶことができれば、まぶたに脂肪が多くても、アイプチで皮膚がかぶれていても美しい二重まぶたを自然に表現することが可能です。一般的な埋没法はまぶたの先端にある瞼板とそこにつながる筋肉に糸を通してラインを固定します。

しかし、糸の通し方によってはまぶたの裏側に糸が飛び出してしまい眼球を傷つける可能性もありますし、筋肉だけに糸を通せばラインが消えやすくなります。ラインの持続性と安全性を同時に高めるには最新技術が必要で瞼板に糸を通しながら結膜側は特殊な技術で埋没させるのです。この手術であれば二重ラインの持続性が高まり眼球を傷つける心配もありませんし、糸の締め付け具合にも強弱をつけられるのでよりナチュラルなラインが表現できます。また、何年かすると戻ってしまうのではという不安のある人も多いですが、この手術法であれば一度の手術で理想のラインを手に入れることができ、永続性についてもほぼ間違いのないものです。

しかし、世の中で絶対というものはないですから無料永久保証制度がついていてきちんと保証書も発行してくれるようなアフターケアも充実しているクリニックを選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です