目は顔の印象を決める大きなポイントでアイメイクやアイラッシュ、瞳を大きくみせるコンタクトなど相変わらず人気です。ぱっちりとした目元は明るさや愛らしさを感じさせてくれるのでその人気もうなずけるものです。美容整形のメニューでも人気が高いのが目元の整形で二重まぶたの手術で最もポピュラーでリクエストも多くなっています。ところがこの美容整形、実は医師にとってはかなりの繊細さが求められる手術なのです。

目元の表情はとても微妙なものでそもそもメイクひとつであれだけ変わるのですから、二重のラインが数ミリ違うだけでその人の印象は大きく変わります。そのため、自分にあったベストなラインを形成するためにきめ細やかなセンスと丁寧な手術のできる医師を選ぶことが重要です。一方、医師にとっては二重の美容整形は腕のみせどころであり、他の部位の整形を考えている場合でも二重の仕上がりの写真などを資料としてみせてもらえばある程度のことがわかります。手術法は大きく分けて二つで、切開法は二重のラインに沿ってまぶたを切開しラインがきれに出るように丁寧に縫い合わせるもので古くからあり確実な方法です。

しかし、メスで切るので腫れがでるのが欠点です。埋没法はいわゆる簡易的に二重にできる市販のツールの完全版のようなもので極細の特殊な糸を数本まぶたに通して二重をつくります。腫れもなく短時間ででき負担が少ないので現代の主流の手術法です。ところがラインが消えやすい欠点があって、糸を増やせば負担が大きくなり、減らせばなおさら消えやすくなります。

そこで埋没法をベースに改善された安全で確実、そして自然な仕上がりの方法で二重にできるクリニックもあるので自分にあわせてカウンセリングを受けて検討することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です