どれだけ透明感のある肌を自慢にしていたような女性でも、年齢には勝てないので、40代になってから急に肌の色がくすんできたとお悩みの方もあるかも知れませんね。お肌のくすみの原因はシミやそばかすですが、シミではなく、実は肝斑だったということも珍しくないので、自己判断はしないことが大切です。肝斑のケアをしなければならないのに、シミ対策用の化粧品を使っていても効果がないので、美容整形外科で診察を受けて、お医者さんに判断してもらうとよいでしょう。両頬や額の上に淡褐色のシミのようなものが発生していて、それが左右対称に地図状に広がっている場合は、肝斑の可能性が高いですが、女性ホルモンのバランスの乱れることで起こるといわれています。

肝斑があらわれる女性は30代~40代がほとんどで、強い紫外線を浴びたことで皮膚のバリア機能が低下したり、ストレスがたまったときにも起こりやすいので注意が必要です。一般の方がシミと肝斑の区別をしたり、完璧な美白ケアをするのは難しいので、美容整形外科にすべて任せた方が良いでしょう。美容整形外科ではトラネキサム酸で肝斑の治療を行うことが多いですが、この薬には抗プラスミン作用があるので、メラニンの産生を抑えて、肝斑を改善できます。ハイドロキノンやトレチノインなどの外用薬を処方されることもありますし、ホルモンバランスを整えるために、プラセンタ注射を行う場合もあります。

肝斑を改善に導く方法は美容整形外科によって違うので、出来るだけ口コミの評判の良いところに行くようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です